このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  くらし >  税・保険・年金 >  後期高齢者医療保険

後期高齢者医療保険

後期高齢者医療保険
後期高齢医療制度のしくみ 住民課 国保年金係
後期高齢者医療の対象者 75歳以上の人(75歳の誕生日から資格取得) 65歳~74歳で一定の障害の状態にあることにつき広域連合の認定を受けた人 (認定日から資格取得) 75歳の誕生日前に被保険者証を送付します 75歳到達により、後期高齢者医...
交通事故にあったとき 住民課 国保年金係
交通事故など第三者から被害を受けた場合のけがや病気については、本来、後期高齢者医療で治療を受けることはできませんが、届け出により治療をうけることができます。 この場合、後期高齢者医療で医療費を一時立て替え、後日、加害者に費用を請求すること...
後期高齢者医療保険料について 税務課 住民税係
保険料 保険料は、被保険者皆さん一人ひとりに納めていただくことになり、「等しく負担していただく部分(均等割)」と所得に応じて負担していただく部分(所得割)」の合計額になります。所得割の率や均等割の額は、原則として県内均一となり、令和2(20...
後期高齢者医療【入院のときの食事代】 住民課 国保年金係
入院したときは、医療費のほか食事代を支払います。また、療養病床に入院する人は、介護保険で入院している人との負担の均衡を図るため、介護保険と同額の食費、居住費を負担していただくことになります。 ただし、低所得者I、低所得者IIに該当される人...
後期高齢医療制度とは 住民課 国保年金係
後期高齢者医療制度とは? 平成20(2008)年4月より新しく後期高齢者制度が始まりました。これは、老人医療費が増大する中、現役世代と高齢者世代の負担を明確化し、公平でわかりやすい制度とするために創設されたもので、県内全市町村で構成される栃...
医療費が高額になったとき 住民課 国保年金係
同じ月内に、医療費を自己負担限度額を超えて支払った場合、申請すると超えた分の払い戻しが高額療養費として受けられます。また、同じ世帯に後期高齢者医療被保険者が複数いる場合、入院のあった月は医療費を合算することができます。 初めて、高額療養費...
人間ドック検診助成金 住民課 国保年金係
人間ドック、脳ドックの助成について 後期高齢者医療被保険者の健康の保持増進を図るため人間ドック又は脳ドックを受けた被保険者に対し助成金を支給します。助成を希望する方は、検診を受ける前に申請が必要です。検診の日程が決まりましたら保険課で申請を...
あとで費用が支給されるとき 住民課 国保年金係
次のような場合、いったん全額自己負担しても、町に申請して認められると、一部負担金を除いた金額が後から支給されます。 一般診療 やむを得ない事情で保険証を持たずに受診したり、保険診療を取り扱っていない医療機関にかかったりした場合 治療用装具...