このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  くらし >  税・保険・年金 >  固定資産税

固定資産税

固定資産税
「わがまち特例」による固定資産税等の特例措置について 税務課 資産税係
「わがまち特例」による固定資産税等の特例措置について 「わがまち特例」とは 平成24(2012)年度税制改正により、地方税の特例措置について、国が一律に定めていた内容を地方自治体が自主的に判断し、条例で決定できるようにす...
住宅用地に対する課税標準の特例 税務課 資産税係
住宅用地は、その税負担を特に軽減する必要から、その面積の広さによって、小規模住宅用地と一般住宅用地に分けて特例措置が適用されます。 小規模住宅用地 200平方メートル以下の住宅用地(200平方メートルを超える場合は住宅1戸...
償却資産の申告は 税務課 資産税係
償却資産の申告は1月31日(木曜日)まで 固定資産税は、土地・家屋のほか償却資産(事業用)の所有者に対しても課税されます。 平成25(2013)年1月1日現在、町内に償却資産を所有している方は、1月31日(木曜日)までに...
償却資産に対する課税 税務課 資産税係
会社や個人で工場や商店などを経営されている人や駐車場やアパートなどを貸し付けている人がその事業のために用いている構築物、機械・器具、備品等の固定資産を償却資産といい、土地や家屋と同じように課税されます。 償却資産の対象となるもの ...
固定資産税・都市計画税 税務課 資産税係
固定資産税とは… 固定資産税は、毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます。)を所有している人がその固定資産の価格を基に算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納め...
家屋を取り壊したら 税務課 資産税係
家屋を取り壊したら 固定資産は毎年1月1日現在、土地・家屋・償却資産を所有している方に課税されます。 町では、家屋の新築・増築・取り壊しの調査に努めていますが、特に取り壊しの場合、把握できないことがありますので、家屋を取り壊...
家屋に対する課税 税務課 資産税係
毎年1月1日(賦課期日)に現存している家屋が課税対象となります。 評価のしくみ 家屋の評価は、固定資産評価基準に基づき再建築価格を基礎に評価します。 家屋の評価は、通常次の計算式によって求めます。 ...
固定資産の縦覧・閲覧 税務課 資産税係
縦覧制度とは 土地及び家屋について、納税者が自己の所有する資産の価格と町内にある他の資産の価格とを比較し、ご本人の資産に対する評価が適正かどうかを無料で確認できる制度で、縦覧帳簿をご覧いただくものです。(償却資産には、縦覧制度はあ...
固定資産に火災などの災害があった場合には 税務課 資産税係
火災や風水害、震災などで固定資産に被害を受けた場合、その被害の程度に応じて、固定資産税・都市計画税を減免する制度が設けられています。 ただし、被害が軽微な場合には、減免の対象にならないこともあります。
家屋調査にご協力ください 税務課 資産税係
家屋の新築・増築・取り壊しは税務課にご連絡を… 家屋の固定資産税は、毎年1月1日現在で現存するものに課税されます。次のようなときは、税務課資産税係までご連絡をお願いします。 新築・増築をしたとき 税務課職員が直接...
税額算定のあらまし 税務課 資産税係
課税標準額 固定資産の評価を行って価格を決定し、その価格を基に税額の基礎となる課税標準額を算出します。 原則として、評価額が課税標準額となります。しかし、住宅用地のように課税標準額の特例が適用される場合や、土地について税負担の調整措...