このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

国民健康保険

  国民健康保険とはふだん健康であっても、病気やケガはある日突然に、私たちをおそうことがあります。そこで、不時の出費に備えて、私たちが普段からお金を出し合い、病気の際に医療を受け、生活上の困難を助け合おうという目的から生まれたのが、健康保険制度です。会社へ勤めている人などは、職場の健康保険へ加入できますが、これらの保険に加入できない人のために、国民健康保険があります。

国民健康保険の概要

各種申請等

医療費抑制にご協力をお願いします

  上三川町国民健康保険に加入している人の医療費が年々増加しています。

  今のまま増え続けますと、医療費の財源となっている、皆様の保険料の負担などが大きくなり、国保制度の運営が困難になってしまいます。

  日頃から健康に注意して、バランスのとれた食事、適度な運動、禁煙など、日頃の生活習慣に十分気をつけて医療費の削減にご協力をお願いします。

  また、医療機関にかかる際も、次の項目に気を付けていただくと、医療費の抑制につながります。

  • 急病の場合を除き、夜間・休日の診療は避けましょう。
  • かかりつけ医師を持ち、気になることがあったらまず相談しましょう。
    大きな病院に初診でかかるときは、紹介状が必要です。紹介状がない場合は、健康保険が適用されない特別料金の支払いが必要になることがあります。
  • 同じ病気で複数の医療機関にかかる「重複受診」は控えましょう。
    重複受診は、医療費の増加につながるだけでなく、重複する検査や投薬によってかえって体に悪影響を与えることがあります。
  • 薬は飲み合わせによって副作用が生じることがあります。「お薬手帳」などを活用し、処方されている薬を医師や薬剤師に伝えて、薬のもらいすぎや飲み合わせに注意しましょう。
  • 定期的に健康診査を受けて、病気の予防・早期発見・早期治療を心がけましょう。
    町では、各種健診や健康相談を実施しています。健診等の詳細はこちら
    町の診査を受診されない場合は、人間ドックの費用の一部助成も実施しています。
  • ジェネリック医薬品の使用をおすすめします。

  ジェネリック医薬品とは、新薬とほぼ同じ効能を持ちながら、価格が安い医薬品です。

  これを利用することで、お薬代の自己負担が軽減でき、また医療費の節減につながります。ジェネリック医薬品を希望する方は医師・薬剤師にご相談してください。

【参考】厚生労働省ホームページ


掲載日 平成29年11月14日 更新日 平成30年9月25日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
住民課 国保年金係
住所:
〒329-0696 栃木県河内郡上三川町しらさぎ一丁目1番地
電話:
0285-56-9134
FAX:
0285-56-6868
Mail:
(メールフォームが開きます)