このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップくらし税・保険・年金確定申告> 住宅借入金等特別控除を受けられる人へ

住宅借入金等特別控除を受けられる人へ

住宅借入金等特別控除を受けられる方へ

  住宅ローンを利用してマイホームの新築や増改築をした時には、一定の要件に当てはまれば、住宅借入金等特別控除を受けることができ、所得税が軽減されます。入居を開始されたその翌年に確定申告を、入居2年目以降は、年末調整や確定申告をされると町税務課への申告は不要です。

主な要件等

新築住宅

  • 住宅取得後6か月以内に入居し、引き続き住んでいること。
  • 家屋の床面積が50平方メートル以上で、かつ、2分の1以上が居住用であること。
  • 控除を受ける年の所得金額が、3、000万円以下であること。
  • 民間の金融機関や、住宅金融公庫などの住宅ローンを利用していること。
  • 住宅ローンの返済期間が10年以上で、しかも月賦のように分割して返済すること。

中古住宅

  • 新築住宅の要件に当てはまること。
  • その家屋の取得の日以前、20年以内(マンション等の耐火建築物については25年以内)に建築されたものであることなど。
  • 建築後、使用されたことがある家屋であること。

増改築等

  • 自己の所有している家屋で、自己の居住用に使用しているものの増改築であること。

  • 増改築をした後の家屋の床面積が50平方メートル以上で、しかも上記の新築住宅の要件も満たしていること。

  • 増改築等の工事費用が、100万円を超えるものであること。

  • 自己の居住用部分の工事費用の額が、増改築等の工事費用総額の2分の1以上であること。

住宅借入金等特別控除チェック表


掲載日 平成31年1月16日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
税務課 住民税係
住所:
〒329-0696 栃木県河内郡上三川町しらさぎ一丁目1番地
電話:
0285-56-9122
FAX:
0285-56-6868
Mail:
(メールフォームが開きます)