このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ >  健康・福祉・子育て >  障がい者福祉 >  年金・手当・助成

年金・手当・助成

年金・手当・助成
難病患者等福祉手当 健康福祉課 福祉人権係
難病患者等福祉手当とは 栃木県では、「指定難病」(発病の機構が明らかではなく、かつ、治療方法が確立していない希少な疾病であって、当該疾病により長期にわたり療養を必要とすることとなるもののうち、厚生労働大臣が定める疾病)の患者に対し、医療費の...
障がい児福祉手当 健康福祉課 福祉人権係
目的 日常生活において常時の介護を必要とする重度の障がい児(20歳未満)に対して手当を支給し、福祉の向上を図ることを目的とした制度です。 対象者 下の表の障がいの状態にある在宅の児童 両眼の視力の和が0.02以下のもの 両耳の聴力が補聴器を...
特別児童扶養手当 健康福祉課 福祉人権係
目的 心身に障がいのある20歳未満の児童を養育している父母、又はその養育者の負担を軽減し、福祉の向上を図ることを目的とした制度です。 対象者 下の表に掲げる障がいを持つ20歳未満の児童を養育している父母又はその養育者 対象者 1 級 ア 身...
特別障がい者手当 健康福祉課 福祉人権係
目的 精神又は身体に重度の障がいがあるため、日常生活において常時特別の介護を要する障がい者に手当を支給し、福祉の向上を図ることを目的とした制度です。 対象者 20歳以上の在宅の障がい者で次の表の障がいに該当する方(施設に入所している場合や病...
自立支援医療(精神通院医療) 健康福祉課 福祉人権係
精神疾患をお持ちの方が、通院によって医療を受けた場合に、その医療に要する費用を公費で負担する制度です。制度を利用するには事前に申請が必要です。 申請方法 申請方法 必要書類 新規申請・更新 自立支援医療(精神通院)支給認定申請書 診断書(...
自立支援医療(育成医療) 健康福祉課 福祉人権係
目的 身体障がい児の障がい程度を軽くしたり、障がいを取り除いて日常生活や職業能力を高めるために医療が必要な場合に、その医療費(健康保険の自己負担分の一部)を公費で負担する制度です。 対象疾患 視覚障害によるもの 聴覚、平衡機能の障害によるも...
自立支援医療(更生医療) 健康福祉課 福祉人権係
目的 身体に障がいを持つ方の障がいの程度を軽くしたり、障がいを取り除いて日常生活や職業能力を 高めるために医療が必要な場合、その医療費を公費で負担するものです。 対象者 18歳以上で身体障がい者手帳の交付を受けている方 自立支援医療(更生医...
重度心身障がい者医療費助成制度 健康福祉課 福祉人権係
制度の概要 重度心身障がい児・者の健康を確保するため、病院で受診の際に健康保険証で受けた医療費の自己負担分(65歳以上で後期高齢者医療制度に加入していない方は1割相当分)と入院時食事療養費(70歳以上の方については入院生活療養費内、食事療養...
タクシー料金助成事業 健康福祉課 福祉人権係
目的 重度の障がい者の方にタクシーの利用券を交付し、交通手段の援助を行い、社会参加の促進を図ります。 対象者 身体障がい者1級、2級の方 療育手帳A、A1、A2の方 精神障がい者保健福祉手帳1級の方 申請先 上三川町社会福祉協議会(上三川い...
自動車運転免許取得助成事業 健康福祉課 福祉人権係
目的 身体障がい者の方の自動車の運転免許取得に要する費用の一部を助成し、就労等社会活動への参加を促進することを目的とします。 対象者 町内に居住し、住民基本台帳に記載されている身体障がい者の方で、自動車教習所において免許を取得する目的をもっ...
自動車改造助成事業 健康福祉課 福祉人権係
目的 重度の身体障がい者の方が就労等のため、自ら運転する自動車を運転しやすいように改造するとき、その経費について助成を行う事業です。 対象者 次の要件をいずれも満たす身体障がい者 身体障がい者手帳の交付を受け、1級又は2級に該当する上肢下肢...

カテゴリー