このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

国民年金

  国民年金制度とは、老後の生活を支え、また不幸にして障がい者・死亡などによって生活の安定がそこなわれたとき、みんなの助け合いによって、生活の安定を図ることを目的とした制度です。

国民年金保険料

第1号被保険者

  国内に住所のある20歳以上60歳未満で、農業、自営業、学生等です。

  • 役場住民課窓口で加入手続きをします。
  • 納め忘れのない便利な口座振替をお勧めします。

第2号被保険者

  会社員・公務員など厚生年金保険の被保険者・共済組合の加入者です。

  • 届け出の必要はありません。勤め先(会社等)で加入手続きをします。
  • 保険料は給与より差し引かれます。

第3号被保険者

  厚生年金保険・共済組合加入者に扶養されている(年収130万円未満)20歳以上60歳未満の配偶者です。

  • 配偶者の会社で加入手続きをします。
  • 第3号被保険者該当者届を提出するだけで、保険料を個人で納める必要がありません。

国民年金に加入する方

国民年金に加入する方

被保険者

年金

職業など

第1号

20歳~60歳未満

  • 自営業、自由業、無職の方
  • 障がい年金を受けている方とその配偶者
  • 遺族年金を受けている方
  • 老齢(退職)年金を受けている方の配偶者
  • 老齢(退職)年金を受けるための資格期間を満たしいているが、まだもらっていない方と、その配偶者
  • 地方議会の議員・国会議員とその配偶者
  • 大学、専修学校等の学生

第2号

就職時~70歳未満

  • 厚生年金加入者○共済組合員○船員

第3号

20歳~60歳未満

  • 第2号被保険者に扶養されている配偶者(サラリーマンの奥さん)

国民年金に希望で加入できる方

国民年金に希望で加入できる方

任意加入

20歳~65歳未満

外国に住んでいる日本人

60歳~65歳未満

日本に住所があるサラリーマン以外の方

60歳~70歳未満

老齢基礎年金等の受給権がない方

 

年金の種類と手続きに必要な書類

年金の種類

受給要件

書類

老齢基礎年金

  25年以上保険料を納めた方(免除された期間も含む)が65歳になったとき

(年金額は減額となりますが、60歳から繰上げ請求ができます。)

  • 印かん・年金手帳・戸籍謄本
  • 請求者名義の通帳
  • 配偶者が受給している場合は年金証書

障がい基礎年金

  国民年金に加入中または、60歳から65歳になるまでの間に障害者となったとき20歳前に障がい者になったとき

  • 印かん・年金手帳・戸籍謄本
  • 請求者名義の通帳
  • 診断書(年金用)
  • 病歴・就労状況等申立書

遺族基礎年金

  一定の保険料を納めていた方が死亡したとき、その人の子のある妻、または子に支給

  • 印かん・年金手帳・戸籍謄本
  • 請求者名義の通帳
  • 住民票謄本・除票
  • 在学証明書(高校生)

国民年金の独自の給付

寡婦年金

  夫が老齢基礎年金を受ける資格がありながら受けないで死亡した場合、妻(10年以上連れ添っていた)に60歳から65歳までの間支給

  • 印かん・年金手帳・戸籍謄本
  • 請求者名義の通帳
  • 住民票謄本・除票
  • 死亡診断書の写し
死亡一時金

  3年以上保険料を納めていた方が、年金を受けないまま死亡し、その遺族が遺族基礎年金を受けられないとき

  • 印かん・年金手帳・戸籍謄本
  • 請求者名義の通帳
  • 住民票謄本・除票

付加年金

  定額の保険の他に付加保険料(月額400円)を納めたいとき

印かん・年金手帳

老齢福祉年金

  明治44年4月1日以前に生まれた方(本人、配偶者もしくは扶養義務者の所得または公的年金額が一定額以上のときは、全部もしくは一部が支給停止されます)

  住所等を移動した時は、必ずご使用の印かんと年金証書を持参してください。


掲載日 平成27年4月3日 更新日 令和元年9月20日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
住民課 国保年金係
住所:
〒329-0696 栃木県河内郡上三川町しらさぎ一丁目1番地
電話:
0285-56-9134
FAX:
0285-56-6868
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

  • 国民年金