このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康・福祉・子育て妊娠・出産> 産婦健康診査の費用を助成します

産婦健康診査の費用を助成します

産婦健康診査は、出産後間もないお母さんの体と心の健康を守るために行うものです。赤ちゃんを出産したら、必ず、産婦健康診査を受けましょう。
上三川町では、平成31(2019)年4月1日以降に出産された産婦の方の産婦健康診査にかかる費用を助成します。

対象

次の要件をすべて満たす方
・町内に住所を有する方
平成31(2019)年4月1日以降に出産された方

助成の対象となる健康診査の時期・回数

出産後、おおむね産後2週間と産後1か月の各1回ずつ、合計2回まで
(出産する医療機関等によっては、産後2週間の健康診査は行っていない場合があります。)

健康診査項目

診察・問診、体重・血圧測定、尿検査等

助成額

1回につき、5,000円が上限(費用が5,000円を超えた分は自己負担となります。)
※産婦健康診査質問票(受診票と一緒にお渡ししています。)を実施しない場合は、助成の対象になりません。

受診票の交付

・妊娠届出のときに、母子健康手帳とあわせて受診票をお渡しします。
・産婦健康診査を受診していない妊産婦で他市町村から転入した方は、転入届出の際に受診票をお渡しします。
(転入の方ですでに他市町村の受診票を持っている方は、上三川町のものにお取り替えが必要です。)

受診方法

・出産後、医療機関等で健康診査を受診する際に、受診票を提出してください。
・受診票に添付してある「産婦健康診査質問票」は、できる限り受診日当日に記入し、医療機関に提出してください。
・里帰り等で県外の医療機関を受診する場合、必ず医療機関に「産婦健康診査受診票」が利用できるかご確認下さい。

助成を受ける方法

(1) 受診票が使用できる医療機関(主に栃木県内の医療機関)で健康診査を受けた場合受診票を医療機関窓口に提出することで、医療機関窓口で助成を受けることができます。(現物給付)
(2) 受診票が使用できない医療機関(主に栃木県外の医療機関)で検査を受けた場合役場子ども家庭課窓口に申請することで、助成を受けることができます。(償還払い)
【償還払いの申請に必要な書類】
償還払いの申請に必要な書類は次のとおりです。
(1) 産婦健康診査の結果が分かる書類(母子健康手帳のコピーなど)
(2) 産婦健康診査費用を支払ったことが分かる書類(領収書など)
(3) 産婦健康診査受診票
(4) 印鑑
(5) 振込口座番号の分かるもの
pdf上三川町妊産婦健康診査費用助成申請書(pdf 85 KB)
    ※償還払いの申請期限は、検査を受けた日を含めて1年間です。

掲載日 平成31年4月18日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
子ども家庭課 母子健康係
住所:
〒329-0696 栃木県河内郡上三川町しらさぎ一丁目1番地
電話:
0285-56-9132
FAX:
0285-56-6868
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

  • 産婦健康診査の費用を助成します