このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康・福祉・子育て感染症新型コロナウイルスお知らせ> 新型コロナウイルス対策を踏まえた上手な医療のかかり方

新型コロナウイルス対策を踏まえた上手な医療のかかり方

新型コロナウイルス対策を踏まえた適切な医療機関の受診(上手な医療のかかり方)について

コロナ禍でも医療機関で必要な受診を

1.過度な受診控えは健康上のリスクを高めてしまう可能性があります。
2.コロナ禍でも健診や持病の治療、お子さまの予防接種などの健康管理は重要です。
3.医療機関や健診会場では、換気や消毒でしっかりと感染予防対策をしています。
4.健康に不安がある時は、まずはかかりつけ医・かかりつけ歯科医に相談しましょう。

コロナ禍で、必要な受診や健診・予防接種などを控えていませんか?
乳幼児の予防接種を遅らせると、免疫がつくのが遅れ、重い感染症になるリスクが高まります。
また、生活習慣病やがんの早期発見には、定期的な健診と適切な受診が重要です。
健康が気になる今だからこそ、かかりつけ医と相談し、健診は予定どおり受けましょう。
pdf【参考】厚労省リーフレット(pdf 1.67 MB)
【詳細はこちら】「上手な医療のかかり方.jp」


 

掲載日 令和2年10月15日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉課 成人健康係
住所:
〒329-0696 栃木県河内郡上三川町しらさぎ一丁目1番地
電話:
0285-56-9133
FAX:
0285-56-6868
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー