このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ健康・福祉・子育て健康健康・食事> 熱中症を予防しましょう

熱中症を予防しましょう

このページは情報量が多いため、ページ内リンクが設定されています。

熱中症対策を行いましょう!

  暑い夏が到来し、熱中症になる人が増えてきています。
  これからの時期、町のイベントも多く予定されていますので、熱中症対策をしっかり行い楽しい夏をお過ごしください。

屋外イベントでの熱中症対策

飲み物を持ち歩こう

  出掛ける時には水分を持ち歩き、こまめに水分補給をするようにしましょう。
  汗をかく時には適度な塩分も必要になりますので、スポーツドリンク等を意識して摂取するようにしましょう。

休憩をこまめにとろう

  暑さや日差しにさらされる環境では、こまめな休憩を取り無理をしないようにしましょう。

日差しをよけよう

  帽子をかぶる、日傘をさす等で直射日光をさけましょう。
  日陰に入ることも効果的です。

衣服を工夫しよう

  衣服は、麻や綿など通気性の良い生地を選びましょう。
  下着には、吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶとよいでしょう。

冷却グッズを活用しよう

  冷却シートやスカーフなど熱中症対策の様々なグッズが販売されています。
  また、首元などの太い血管を冷やすと効率的に体を冷やすことができます。

  熱中症のことについては、環境省 熱中症予防サイト内「熱中症の基礎知識」もご覧ください。

熱中症の症状について

熱中症の症状一覧

軽症

やや重い症状

重症

  • めまい、たちくらみ
  • 筋肉のけいれん
    (こむら返り)
  • 手足のしびれ
  • 気分不快
  • 頭痛
  • 吐き気、嘔吐
  • 体がだるい、ぐったりする
  • 集中力や判断力の低下
  • 意識がない
  • けいれん
  • 手足が動かない
    (普段通りに歩けない)
  • 体が熱い

  これらの症状が出たら、応急処置を行いましょう。
  応急処置をしても症状が改善されない場合は、速やかに医療機関を受診しましょう。
  また、重傷の場合は応急処置を行うとともに、救急車を要請しましょう。

熱中症の応急処置について

  熱中症かな、と思ったら早めの応急処置を行いましょう!
  • 涼しい場所に移動する
  • 安静にする 
  • 衣類をゆるめて体を楽にする 
  • 水分+塩分を補給する
    (自力で水分補給が出来ない場合は救急車を呼ぶ)
  • 体を冷やす
    (冷やしたタオルや氷などで首や脇の下、足のつけ根を冷やす)

  応急処置については、 環境省 熱中症予防情報サイト内「熱中症の応急処置」もご覧ください。

熱中症についてさらに詳しく知りたい方は……

  以下のリンク先をご覧ください。(外部サイトです)


掲載日 令和元年7月31日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
健康福祉課 成人健康係
住所:
〒329-0696 栃木県河内郡上三川町しらさぎ一丁目1番地
電話:
0285-56-9133
FAX:
0285-56-6868
Mail:
(メールフォームが開きます)